お薬手帳とは

お薬手帳って何?

 あなたがどんなお薬を、いつ、どこで処方してもらったかを記録しておくための手帳です。

 

 医師・歯科医師・薬剤師があなたのお薬の内容を確認するための大切な記録です。

 

 お薬手帳を持つことで災害・事故・急病時などに適切な処置を速やかにうけることができます。

お薬手帳にはどんなことを書いてもらえるの?

一般的なお薬手帳の例です。上記の他にその他に必要に応じて薬剤師が、薬の飲み方、服用上の注意点、保管方法等を記さんします。また、薬剤師だけでなくご自身でも記入することができます。アレルギー歴や副作用、購入された一般用医薬品やサプリメントもご記入いただけます。さらに詳しくは以下をご覧ください。

お薬手帳の記載内容

お薬手帳の記載内容➀ 処方されたお薬の内容

薬の重複やよくないのみ合わせを未然に防止できます。複数の医療機関を受診している方が、同時期に同じお薬が処方されてしまうことや、薬には相互作用といって、一緒に飲むと効き目が強くなって思わぬ副作用が出てしまったり、反対に効き目が弱くなって病気が悪化してしまうこともあります。

一般用医薬品(OTC医薬品、大衆薬)も記録することができます。ご自身で購入された医薬品でもよくない副作用が起こることもあります。また、病院でもらう薬と一緒に飲んではいけない薬もあるので、記録しておくことで未然に防ぐことができます。購入した薬局の薬剤師に記入してもらうか、ご自身で記入しておくようにしましょう。

健康食品やサプリメントでも薬によっては一緒に飲んではいけないものがあります。購入時に必ず記入しておきましょう。
 

お薬手帳の記載内容② これまでにあった副作用歴やアレルギー歴、病気の記録

同じ薬による副作用を防止できます。病気を治す薬が、時には毒となりよくない副作用を起こすことがあります。一度副作用を起こしてしまった薬を記録することで再発を防止することができます。最近ではジェネリック医薬品の普及に伴い、違う名前でも同じ成分の薬も多くあるので注意が必要です。病気によっては飲んではいけない薬や量を減らさないといけない薬があります。また、アレルギー体質によっては飲んではいけない薬があるので注意が必要です。

お薬手帳の記載内容③ 医師・薬剤師に伝えたいこと

体調の変化などを記入することができます。血圧や血糖値などの検査値や、いつから具合がわるいのか、いつから発熱があるのかなどを記入することで適切、かつスムーズな診察を受けることができます。もちろん、薬に関する疑問を記入することができます。薬に関する疑問や不安を記入することで、薬剤師から適切なアドバイスを受けることができます。

お薬手帳の記載内容④ 飲み残しや手元に余っている薬の記録

手元に残っている薬があれば、その錠数を名前の横に記入しましょう。お薬が残っている場合には、その錠数を記入いただき、次回の受診の際に医師または薬剤師に提示して、日数や数量の調整をしてもらいましょう。

お薬手帳を持つ上での注意点① お薬手帳は一人一冊

薬を服用しているすべての方に持っていただく手帳です。特に家族でお名前が似ていたり年齢が近い場合には、表紙に必ず名前を書くようにしましょう。お薬手帳を病院・薬局ごとに分けてしまうことで必要なチェックが出来なくなります。必ず一冊にまとめておき、保険証などと一緒にしておくとよいでしょう。
 

お薬手帳を持つうえでの注意点② 入院時や救急受診の際に忘れない

もしも入院する時や救急受診時にも必ず持参しましょう。入院中の治療においても、服用中または服用経験のあるお薬の履歴はとても重要な情報となります。また、退院時のお薬の内容をお薬手帳に記載してもらえる病院も増えてきました。退院直後のお薬の確認もスムーズになります。同様に救急車を呼んだ時や相模原メディカルセンターの様な救急診療所を受診する時にも必ず持参しましょう。

お薬手帳を持つ上での注意点③ 肌身離さず持っておきましょう

いつも携帯、いつも同じ場所に保管しましょう。旅先での急な病気や事故、災害時で避難した時などに適切な処置が速やかに受けられます。ご家族にも持っていることを知らせておきましょう。急な時など、ご家族の理解が必要なこともあるかもしれません。ひとめで薬が分かるようにしっかりと記入してもらいましょう。医療機関を受診する時には必ず健康保険証を持っていくのと同じにお薬手帳も一緒にしておくと忘れなくてよいでしょう。

持ってて良かったお薬手帳

これは2011年3月11日に発生した東日本大震災の津波にて、流されてしまったお薬手帳です。持ち主の方が自ら拾われて避難所の薬剤師へ提示されました。
使用している薬がわかり、すぐに対応することができました。
「大船渡市の岩手県立大船渡病院では、普段の5倍の人が詰めかける混雑ぶりだったが、手帳を持っている人はスムーズに診察が終わり、薬をもらって帰っていく。一方手帳のない人は6~10倍もの待ち時間がかかっていた。」(5/8毎日新聞より)との報道もありました。
相模原市薬剤師会も薬剤師も現地でお薬手帳を確認しながらスムーズにお薬がお渡し出来ています。
 

お薬手帳Q&A

Q.お薬手帳って色々あるの?
Q.お薬手帳はいつ出すの?
Q.どこの薬局でも薬をもらう時には使えるの?
Q.薬局でお薬手帳に記入してもらうとお金がかかるの?
Q.いつも同じ薬しか飲まないが、お薬手帳は必要なの?
公益社団法人
相模原市薬剤師会
〒252-0236
神奈川県相模原市中央区
富士見6-1-1
TEL.042-756-1502
FAX.042-758-9615

──────────────────
2
3
0
4
0
6