公益社団法人 相模原市薬剤師会|神奈川県|相模原市|

 

学校薬剤師とは

 

学校薬剤師ってどんな人?

学校薬剤師ってどんな人?
 
学校薬剤師の仕事と歴史
 
 非常勤特別職として学校に所属する薬剤師です。通常は薬局や薬店などで仕事をしていて、学校保健法で定められた定期的な環境衛生検査を行い、時には臨時の環境衛生検査を行なって、学校の環境を守る仕事を主にしている薬剤師です。
 学校で検診を行う医師や歯科医師のように、すべての学校に学校薬剤師が必置になっているのです。
 昭和33年に学校保健法が制定され、医師と学校薬剤師が学校に必置制となりました。その頃に相模原では、薬剤師会の前身である北相地区薬業組合が設立され、神北薬業共同組合から神北薬剤師会と名称を変え相模原市薬剤師会の前身の相模原市学校薬剤師会が結成され、現在の相模原市薬剤師会となりました。 
 相模原市学校薬剤師会では、相模原市から委託を受け、相模原市内の小中学校での環境衛生検査や害虫駆除、相模川の河川の水質検査などを行なってきました。
 現在、学校薬剤師部会として学校薬剤師業務を受け継ぎ、環境衛生検査のほか、学校からの依頼により、薬物乱用防止教室や、「くすりの適正使用教室」の講義等も行い、活躍しています。
 

こんな仕事をしています

こんな仕事をしています
 
どんな仕事をしているの?
 
 学校薬剤師のお仕事には定期検査と臨時検査、その他児童生徒の健康を守るために指導助言を行います。
 定期検査では、教室内の学習環境を守るため、黒板面と机上面の照度、教室内の温度、湿度、気流のほか、二酸化炭素、一酸化炭素の濃度、一酸化窒素の濃度、シックハウス症候群の元凶となる、トルエンやキシレンの濃度などを測定し、環境保全に努めます。
 給食室では、給食室内の衛生状況の確認や、検食の確認、水質検査や細菌検査を行なっています。食器やまな板、食缶やスプーンなどの器具の洗浄状況を確認するために、一般細菌と大腸菌の検査、デンプンや油分の検出の検査等を行なっています。
 プール施設がある学校では、プール施設の衛生状態の確認とともに、プールの水質の検査を行います。プール水は飲料水に準ずるので、遊離残留塩素、一般細菌、大腸菌、トリハロメタン、濁度、有機物、水素イオン濃度の検査を行い、安全にプールに入れるように検査をしています。
 近年では、学校からの依頼により、児童生徒に、医薬品の正しい使い方の講義や、薬物乱用防止教室の開催なども、学校薬剤師が行なっています。
 

環境衛生検査について

環境衛生検査について
 
水質検査
大勢の児童生徒と職員が使用する学校の飲料水は水道法の基準に従い基準が決まっています。そのうち学校薬剤師が検査する項目は次の通りです。
 
遊離残留塩素・・・0.1mg/L以上
色・・・・・・・・無色透明で、沈殿物や浮遊物がないこと。
匂い・・・・・・・異常でないこと。
味・・・・・・・・無味で異常でないこと
 
これらを薬剤師自らが、検査機器を用い残留塩素を計測し、色、味、匂いを確認します。このように薬剤師自身が飲料水として、安心して児童生徒が使用できるかどうか確認します。
 
照度検査について
 
多くの時間を過ごす学校での照度環境の管理は非常に重要です。学校では、児童生徒や職員の視力の低下を防ぐだけでなく、学習効率の向上や作業能率の向上にもつながるからです。
教室内の照度も学校環境衛生基準できめられていて、500ルクス以上が望ましく、雨天や曇天でも300ルクスを下回らないことととなっています。
 照度検査を定期的に行うことで、学校での安全な照度環境を保持することができます。
 
プール検査について
 
 学校のプールは衛生状態を守るために細かくに管理されています。例えば、周囲に巡らされた柵は、外部から部外者が侵入して、不衛生ものや、ガラスなどの危険物を持ち込まないようにするためのもので、プール水は飲料水と同じ規格となっていて、プール熱の感染予防や、大腸菌が繁殖予防のために、残留塩素の注入が必須となっています。
 これらの状態を確認するために、学校薬剤師はプール使用30日以内で、定期的に検査を行なっています。
 検査内容は、プールの施設の状態と衛生状態、プール水の残留塩素、一般細菌、大腸菌、濁度、水素イオン濃度、トリハロメタン等を検査しています。
 検査で、異常な数値が出た場合、学校薬剤師は状況に応じて適切かつ迅速なな指導を学校側に行って状況の改善を行うことで学校での安全なプールの使用を実現できるのです。
 
 
給食施設の検査
 
 相模原市立の小学校では一部を除き給食室があり、給食が提供されています。学校給食では一度に大量の食事を調理し提供されるため、万が一にも食中毒などということはあってはなりません。
 そこで相模原市薬剤師会では、相模原市から委託をうけて1年に3回の給食施設の検査を行なっています。
 検査内容は、給食に用いる食器や食缶、はしやスプーン、調理に用いるまな板や包丁などの一般細菌と大腸菌の検査、それらの洗浄状態を見るための、残留澱粉と残留脂肪の検査、施設内の衛生状態の確認等を学校薬剤師が行います。この時薬剤師は手袋、マスク、帽子、白衣を着用し、検査を行います。
 検査で基準を超える数値が出たり、問題があれば、学校薬剤師は指導、助言を行い、より衛生的で安全な給食環境を保持していくことができるのです。
公益社団法人
相模原市薬剤師会
〒252-0236
神奈川県相模原市中央区
富士見6-1-1
TEL.042-756-1502
FAX.042-758-9615

───────────────
155966
qrcode.png
http://sagami-yaku.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

<<公益社団法人 相模原市薬剤師会>> 〒252-0236 神奈川県相模原市中央区富士見6-1-1 TEL:042-756-1502 FAX:042-758-9615